2014年04月01日

京大原爆調査団の悲劇









京大原爆調査団の悲劇


 昭和2086815分に広島市中心部に落とされたウラン原爆は、一瞬にして市街地を破壊するとともに多くの市民の命を奪い、戦後長く続く原爆症被害の原因となった。


 いち早く原爆被害の実態調査に協力したのは医学部と理学部の科学者よりなる京都大学調査団だった。理学部原子物理学の荒勝文策教授と医学部病理学の杉山繁輝教授を中心とする調査団第一陣は、810日に広島入りした。このときの放射能調査結果や病理解剖所見などのデータの多くは連合軍に没収され、公表を禁じられた。


916日、荒川研の第三次調査隊6名は医学部が根拠地とする大野陸軍病院に合流した。その翌日の夜、土砂降りの雨に足止めを食った調査隊一行は思いもよらぬ悲劇に襲われた。原爆投下後1ヶ月あまりで、広島地方を襲った巨大台風「枕崎台風」による山津波だった。当時、大戦中に天気予報を禁じられていた気象庁の機能は回復していなかった。鹿児島、枕崎を2時半に通過した巨大な台風の速度が予想をはるかに上回ることを、枕崎測候所は発信できなかった。広島管区気象台にとって、巨大台風の直撃は予測できず、警報を発しなかった。


 台風による広島県下の死者・行方不明者は2012人にのぼった。被害は呉市に最も甚大で、山津波による死者は1154人と記録されている。広島市内も、原爆被害に追い打ちをかける未曾有の大洪水となった。広島市の南西、宮島の対岸で山陽線大野浦駅近くの山裾に位置する大野陸軍病院は、午後10時過ぎに襲った鉄砲水によって一瞬にして破壊・流出した。原爆症に苦しめられる被爆患者約100人、病院関係者98人に加えて、京都大学調査団員11人(医学部8人、理学部3人)が遭難した。病理学の杉山繁輝教授、内科の真下(ましも)俊一教授が含まれていた。原爆症患者は1ヶ月間苦しんだあと、水に飲み込まれた。この悲劇が京大に伝えられたのは、ようやく1015日になってからだった。広島の被災自体が東京で新聞報道されたのは5日後の922日だった。


 2005917日には、広島大学と京都大学の合同で、60周年の記念式典がしめやかに開催された。現在、大野陸軍病院あとには「京大医学部調査団遭難碑」が建っている。


(参考資料.柳田邦男著「空白の天気図」、新潮文庫、1975


 

posted by pathologist at 20:22| Comment(0) | 以前の日記

長崎医大の悲劇

長崎医大の悲劇

 ときは太平洋戦争末期。高校、大学とも繰り上げ卒業に加えて、学徒出陣が余儀なくされていた。医学部だけは卒業まで兵役が猶予され、4年を3年で卒業する事態になっていた。その代わり、日曜、休暇全廃の一日の休みもない講義・実習が続いた。当時、工学部、理学部といった軍需産業関連の学部が花形で、医学部は人気がなく、ほとんどの大学で定員割れ状態だったそうだ。

 昭和20年8月9日午前11時2分、長崎医大は夏休み返上で講義・実習の真っ最中だった。当日は7時に空襲警報が出され、9時に解除されていた。長崎医大(現、長崎大学医学部)の真上で炸裂した広島の原爆よりさらに強力なプルトニウム型原爆は、その熱線、爆風、放射線によって、一瞬にして多くの学生・教職員の命を奪った。基礎医学教室と大学本部は原爆の直下にあり、出席していた1〜2年生(医学専門学校生)と教職員は全員が爆死した。病院実習中だった高学年(3〜4年、当時は医学部の1〜2年と称した)は病院のコンクリートの影にいた学生の一部が助かった。当時の医学生総数約580名のうち、死者は414名にのぼった(1年生167名、2年生110名、3年生73名、4年生64名)。看護学生58名、薬学専門部生36名も爆死した。教職員は、角尾学長をはじめとする教授17名を含む42名、事務職員206名、看護師58名が犠牲となった。大学の学生・教職員の犠牲者総数は892名にのぼった。建物
を含め、長崎医大は文字通り壊滅状態となった。

 政府はいったん長崎医大の廃校を決定した。しかし、地元有志、同窓会、大学が懸命に存続を請願した結果、当時の最高行政機関だった占領軍司令部(GHQ)が存続を決定した。生き残った4年生の卒業式は、昭和21年9月に行われた。出席できたのは、学生33名と教授4名だった。
posted by pathologist at 20:20| Comment(0) | 以前の日記

先輩病理医、平和運動家、推理作家、土山秀夫先生のお話

核廃絶へのメッセージ(土山秀夫著).pdf
あてどなき脱出(土英雄著).pdf
みなさんにちょっとお知らせです。堤@病理医@JPP団長です。

 JPPとも音楽とも少し遠い話ですが、みなさんにぜひお知らせしたい。
 みなさん、もと長崎大病理教授で、医学部長と学長もされた土山秀夫先生をご存じでしょうか?
 現在88歳で、長崎市内にお住まいです。すばらしいご活躍をされています。
 その活躍にこころから感動しましたので、ここにお知らせします。

 土山先生は、私が若かりしころ、とても優しい白髪紳士の教授で驚いた経験が今でも新鮮です。いかにも教授然としたわが恩師、故影山圭三先生との違いにいささか驚きました。副腎病理が専門です。
 定年後(1990年以降)は、反核、反戦運動の中心人物になっています。長崎ではなくてはならないブレインです。長崎市長が8/9に話す原稿の下書きもされているようです。国や委員会でも活発に提言され続けています。つい先日も、ケネディーアメリカ大使と面談されたそうです。

 「核廃絶へのメッセージ、被爆地の一角から」(土山秀夫)、平和文庫、日本ブックエース(2011)
は本当にすばらしい内容の本です。

 もう一つ、土山先生は病理に入局してしばらくして(1956年〜)、推理小説を土英雄のペンネームでたくさん発表され、江戸川乱歩氏に激賞されたそうです。それ以前の医学生時代から物書きだったようです。最近、未発表の1975年の作品(病理医が主人公)を40年ぶりに出版され、現在、長崎のベストセラーになっているそうです。読ませていただきましたが、本当に面白い!

 「あてどなき脱出」(土山秀夫推理小説集)、土英雄(ペンネーム)、長崎文献社(2012)
 満州の731部隊で働いていたドイツ語が得意な副腎専門の若き病理医がナチ支配下のアウシュビッツに出張し、ユダヤ人女性科学者と恋に落ち、堅牢なアウシュビッツから脱出する物語です。ぜひ、若手の病理医に読んでほしいです。
 第二部として、すでに発表されていた4つの短編も収録されています。いずれも病理医が主役です。

 土山先生は原爆投下のとき、長崎医科大学の2年生でした。木造校舎で夏休みなく勉強していた医科1,2年生と看護学生は全員死亡となっています。3,4年生の一部は病院のコンクリートのおかげで助かっています。土山先生はたまたま、「母危篤」の方を受けて、当日朝7時前の列車に乗って佐賀の実家に帰り、助かりました。お母さまは糖尿病性昏睡を脱して元気になられたようです。まるでドラマのような話です。私は、現長崎大の先生から「実は原爆当日授業をサボっていて、あとで教授になった先生がいる」という噂を聞いていましたので、しばらくの間少し誤解してました(笑)。10日には廃墟の長崎に戻り、救助活動に参加したそうです。一緒に行動したお兄さんは、残留放射線による急性放射線障害になったそうです。におい(死臭)が忘れられないと−−。

 土山先生は、戦後、ようやく復興した長崎大学を1952年に卒業しています。多くの学生仲間を失い、医学部長をはじめとする多くの恩師をなくし、校舎もなくなった大学の貴重な卒業生です。かの永井隆先生(被爆した放射線科教授でCML患者、長崎市名誉市民)にも教わったそうです。江戸川乱歩氏の強力な推薦にもかかわらず、推理小説家でなく病理医の道を選んだ土山先生は、現在、長崎になくてはならない現役の反核運動家(平和活動家)です。

 先生は、推理小説と病理診断の共通性をつねづね強調されています。
 若き病理医の刺激になると信じて疑いません。ぜひ知ってほしい、すごい先輩医師です。

 ぜひ、この2冊の本を読んでみてください。

2014年4月1日(火)(うそでない、本当の話です)

堤寛 Yutaka Tsutsumi
JPP団長
posted by pathologist at 20:11| Comment(0) | 以前の日記