2013年11月21日

オーボエと私 〜しろうとオーボエ吹きの贅沢,「輪の和」,そして JPP〜(4/7)

◆わかば会とコンサート活動
 医療者と患者が一緒に楽しむ音楽。それを発見・発展させることができたのは,乳がん患者会「わかば会」のおかげである。愛知県刈谷市在住の寺田佐代子さんを中心として,2003 年 3月に 23 人で発足した乳がん患者会「わかば会」は,長年のがん患者支援活動をふまえて,2009年 9 月 11 日には,“ NPO 法人ぴあサポートわかば会” として再出発した。私は,監事としてともに歩み,実に多くを “体験学習” させていただいた。
 2004 年 3 月に大学内で開催した患者会発足 1周年記念コンサート。患者会発足の仲間で,患者会発足半年で亡くなってしまった若き乳がん患者さんに捧げるため,無謀にも 1 年がかりで練習した難曲,モーツァルトのオーボエ協奏曲(ピアノ伴奏版)に挑戦した。準備や司会などやりながらのいきなりの演奏で,オクターブキーが利かないトラブル。長いピアノ前奏からやり直してもらったのが懐かしい(写真1)。あれからもう 9 年。
 NPO 法人ぴあサポートわかば会の活動には可能な限り参加している。がん患者のこころの支援・セルフケアの奨めといったわかば会独特の中身の濃い活動を通じて,多くの悩めるがん患者に出会う。一方で,プロの病理医として,セカンドオピニオンで出会う多くの患者さんがいる。音楽は優れたコミュニケーションツールに変身できる(そう,どこでも必ず楽器持参! )。音楽はひとの気持ちをほぐし,癒す。こころをこめて演奏する曲には「魂」があると信じるから。
 寺田佐代子さんと毎年のように録音した医師と患者のハーモニー,「名刺代わりの CD」はすでに 6 枚。近々,7 枚目の収録を予定。この贅沢な無料 CD をいったいどのくらいのひとに配っただろうか。患者さんには必ずプレゼントすることにしている。プロのように上手くいかないことは,本人たちは十二分に承知。三重県志摩市の “合歓の郷” のレコーディング担当の桜井博司氏とはずいぶん親しくなった。リズム感と音感と技術に乏しい単なるオジサンとオバサンの不思議なペアの演奏を,辛抱強く熱心に収録してくれることに深謝。
 わかば会のコンサートは毎年継続されている。大学内で行われた 6 周年記念コンサートに引き続いて 2009 年 5 月に京都で開催した無料コンサートは,仲間の輪が広がってゆくことを願って,“「輪の和」コンサート” と命名された。多くの医療者と患者仲間,そして学生や障碍者にも参加してもらう手づくりコンサート。多くのボランティアにささえられる輪,みんなでつくりあげる音楽の和。その後,地元愛知のみならず,東北の被災地,一関(岩手県)と東松島(宮城県)でも開催した(写真2)。今年は,9 / 11(水)に横浜で第 7 回,10 / 25(金)には愛知県岡崎で第 8 回「輪の和」コンサートが開催された。来年 2014 年は,8 / 9(原爆投下の日)に長崎市での開催を予定している。
 さまざまな場所で,いろいろなひととひとが出会う活動の輪を広げていくうちに,音楽は,誰もが平等で対等な関係で楽しめる,感動する,多くのひとと共感できる,周囲のひとを仲間にする力がある・・・,実に,多くの魅力と吸引力があると,こころから実感している。
 「思いを形に」がモットー。失敗しても実践することに意味がある。勇気をもって「行動」することは,もっぱら,寺田佐代子さんから学んでいる。寺田さんとは,こころのセルフケアやピアサポートに関する多くの著作物も出版してきている。ぜひ,わかば会 HP を訪問してほしい。そう,新しい一歩への勇気に乾杯。
写真1.jpg
写真1 わかば会発足 1 周年記念コンサート
(藤田保健衛生大学フジタホール 500,2004 年 3 月)
果敢にも,いや無謀にも,モーツァルトのオーボエ協奏曲(ピアノ伴奏版)に挑戦した。
写真2.jpg
写真2 被災者支援「輪の和」コンサート in 岩手県(2011 年 8 月,一関市)
医療者(病理医),がん患者,障碍者,学生(岩手医大,秋田大や東京女子医大の学生たち),奥州市のこどもたち(「雨にも負けず」の朗読を披露)がみんなでつくった感動のコンサートとなった。中央のケントミはボランティアで駆けつけてくれた沖縄のデュオ(障碍のある “ケン” の三線と,末期乳がん患者の “トミ” による島太鼓)。
posted by pathologist at 21:28| Comment(0) | 以前の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。