2013年11月21日

オーボエと私 〜しろうとオーボエ吹きの贅沢,「輪の和」,そして JPP〜(2/7)

◆私の自慢の師匠
 私の師匠,東京都町田市在住の湊 貞男先生はもと東京フィルハーモニー楽団員で,“世界一” 優しい先生だと思う。2 時間の個人レッスンが 10,000 円で,いつも新品リードを 4 本いただける。本番前は,何本でもいいから持って行きなさいと言われたことがある。レッスンそのものは無料なのだ。もともとは,リード 2 枚つきのレッスン料が \7,000 だったのが,自主的にレッスン料を値上げしたら,現在のような贅沢に格上げされた―。演奏曲に合わせた特別仕様のリードづくりも日常的である。つまり,演奏曲で最も重要な部分がうまく鳴るようなリードを特別につくってくれるわけ。
 その上,どんなにへたくそでも,練習不足でも,決して叱られない。そして,演奏の裏の裏まで,何でも知っている超ベテランオーボイストなのだ。現在まで使用し続けているマイ楽器(リグータ,エボリューション,フルオートマチック)を選んでくれたのも湊先生だった。レッスンにはこの上ない贅沢な環境といえよう。22 年間にわたる適切な指導にこころより感謝。
posted by pathologist at 21:30| Comment(0) | 以前の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。