〜☂〜くもり〜☃〜太陽〜☂ 堤 寛 (藤田保健衛生大学医学部 病理学教授) ◆オーボエリードの話  リード(reed)を使う木管楽器には,ダブルリードの(2 枚のリードで音を出す)オーボエ,ファゴット(バスーン)とシングルリードのクラリネットやサキソフォーンがある。リードはアシ(ヨシ)の意味で,十分に乾燥させたアシ(…" />

2013年11月21日

オーボエと私 〜しろうとオーボエ吹きの贅沢,「輪の和」,そして JPP〜(1/7)

オーボエと私
〜しろうとオーボエ吹きの贅沢,「輪の和」,そして JPP〜
(^_^)v 趣味に生きる(第29回)〜太陽〜☂〜くもり〜☃〜太陽〜☂
堤 寛
(藤田保健衛生大学医学部 病理学教授)

◆オーボエリードの話
 リード(reed)を使う木管楽器には,ダブルリードの(2 枚のリードで音を出す)オーボエ,ファゴット(バスーン)とシングルリードのクラリネットやサキソフォーンがある。リードはアシ(ヨシ)の意味で,十分に乾燥させたアシ(イネ科の植物)の茎をリードに加工する。リードに適したアシはすべて人為的に栽培されている。
 伐採は冬期に行われ,枝や葉を切り落とした状態で年余にわたって乾燥させる。乾燥期間は7年が必要とされてきたが,最近では2年程度で,節を切り落としたパイプ状で出荷される。南フランスの地中海気候がアシの乾燥に最適とされる。日本の気候では,何年も保存しておくと酸化してパサパサになってしまうそうだ。
 プロのダブルリードプレイヤーは自分で “マイリード” を削る。材質にも大いにこだわる。素人オーボエ吹きの私はリードづくりができないため,リードは “おっしょうさん” がたより。市販品(といっても,プロオーボエ吹きの作品)を買うと,1 本 3,000 円前後する。しかも,オーボエリードはあまり長持ちしない。タンギングの多い曲を一生懸命に練習すると,あっという間に鳴らなくなってしまう。本番にリードをベストの状態に保つことはとてもとても難しい。本番直前の練習(業界用語では “ゲネプロ” )で本番用リードをダメにしてしまうことが少なくない。というわけで,本番用に複数本のリードが必要なのである。
posted by pathologist at 21:31| Comment(0) | 以前の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。