2014年02月26日

音楽エッセイ6:トロンボーン吹きのグチ









トロンボーン吹きのグチ


私は20年来、オーボエというダブルリード楽器を練習している。前任地および現在の藤田保健衛生大学で学生オーケストラに加えてもらっている。「ブラ1」(ブラームス交響曲第一番の略)は2回ほど演奏させてもらった曲だ。オーボエソロが多いので、オーボエ吹きにとっては「おいしい」曲である。この名曲にまつわる“裏話”を披露しよう。


 まず、オーケストレーションの話。オーボエに限らず、他の木管楽器でも、ソロの直前は一小節程度の休みをくれていることがうれしい。作曲者ヨハネス・ブラームス氏の何というやさしい気遣い!きっと、しっかりやれよという叱咤激励なのだろう。一方、同時に演奏したジャン・シベリウス作曲の組曲「カレリア」では、休符がなく最低音を吹きっぱなしの長いパッセージのあと、いきなりのソロがオーボエに課されている。プロのオーボイストに聞くと、「まともにやっちゃダメ」というごもっともなアドバイスだった。


 つぎは、トロンボーン吹きのグチ。ブラームスの生きた百年以上前のトロンボーンは性能が悪かったのだろう。とにかく、この曲でトロンボーンが登場するのは第四楽章の後半である。しかもいきなりのソロだ。三本のトロンボーンのアンサンブルはとても美しく、聴かせどころなのだが、木管楽器奏者からすると、何ともかわいそうに思える。たとえば、第一楽章のでだし(序奏)のフォルテではホルンが大きく響くが、トロンボーンがあった方がもっと厚みがでる気がするのは私だけだろうか。トロンボーンは、ベートーベンの第五交響曲「運命」の第四楽章で始めて交響曲に使われるようになったそうだ。ベートーベンを師(目標)とするブラームス(バッハ、ベートーベン、ブラームスはドイツの3Bと称される)だけあって、トロンボーンの使い方も見習ったのだろう。プロのトロンボーン吹きにとっては、ちょっと出演しただけで、バイオリンやオーボエと同じだけの金を稼げる「おいしい」曲ともいえそうだ。


 もう一つ、アントニン・ドボルザーク作曲の交響曲第9番「新世界より」の裏話から。聴く人にとってとても聴き心地がよいこの曲は、楽器演奏の立場からは割と悩みが多い。第一楽章でフルートが2回吹くソロのメロディーが1回目と2回目で調が半音違うこと。第二楽章の最後でコントラバスだけで和音を弾くこと。第三楽章の最後でビオラの刻む音符が1小節に6つ、5つ、4つ、3つと減ってゆくこと。極めつけは、チューバの出番が静かな第二楽章に二度でてくるだけで、他楽章のフォルテシモの盛り上がりでもただ指をくわえて(?)聴いているだけなこと。シンバルも第四楽章の前半で一発だけ登場し、しかも拍子はずれの部分で「弱く」と指定されていること。ドボルザーク氏がチューバとシンバルに「いじわるな」こんな譜面をどうして書いたのかは謎のままである。


(堤 寛)


 


 


 

posted by pathologist at 11:04| Comment(0) | 以前の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。