2014年02月26日

音楽エッセイ6:トロンボーン吹きのグチ









トロンボーン吹きのグチ


私は20年来、オーボエというダブルリード楽器を練習している。前任地および現在の藤田保健衛生大学で学生オーケストラに加えてもらっている。「ブラ1」(ブラームス交響曲第一番の略)は2回ほど演奏させてもらった曲だ。オーボエソロが多いので、オーボエ吹きにとっては「おいしい」曲である。この名曲にまつわる“裏話”を披露しよう。


 まず、オーケストレーションの話。オーボエに限らず、他の木管楽器でも、ソロの直前は一小節程度の休みをくれていることがうれしい。作曲者ヨハネス・ブラームス氏の何というやさしい気遣い!きっと、しっかりやれよという叱咤激励なのだろう。一方、同時に演奏したジャン・シベリウス作曲の組曲「カレリア」では、休符がなく最低音を吹きっぱなしの長いパッセージのあと、いきなりのソロがオーボエに課されている。プロのオーボイストに聞くと、「まともにやっちゃダメ」というごもっともなアドバイスだった。


 つぎは、トロンボーン吹きのグチ。ブラームスの生きた百年以上前のトロンボーンは性能が悪かったのだろう。とにかく、この曲でトロンボーンが登場するのは第四楽章の後半である。しかもいきなりのソロだ。三本のトロンボーンのアンサンブルはとても美しく、聴かせどころなのだが、木管楽器奏者からすると、何ともかわいそうに思える。たとえば、第一楽章のでだし(序奏)のフォルテではホルンが大きく響くが、トロンボーンがあった方がもっと厚みがでる気がするのは私だけだろうか。トロンボーンは、ベートーベンの第五交響曲「運命」の第四楽章で始めて交響曲に使われるようになったそうだ。ベートーベンを師(目標)とするブラームス(バッハ、ベートーベン、ブラームスはドイツの3Bと称される)だけあって、トロンボーンの使い方も見習ったのだろう。プロのトロンボーン吹きにとっては、ちょっと出演しただけで、バイオリンやオーボエと同じだけの金を稼げる「おいしい」曲ともいえそうだ。


 もう一つ、アントニン・ドボルザーク作曲の交響曲第9番「新世界より」の裏話から。聴く人にとってとても聴き心地がよいこの曲は、楽器演奏の立場からは割と悩みが多い。第一楽章でフルートが2回吹くソロのメロディーが1回目と2回目で調が半音違うこと。第二楽章の最後でコントラバスだけで和音を弾くこと。第三楽章の最後でビオラの刻む音符が1小節に6つ、5つ、4つ、3つと減ってゆくこと。極めつけは、チューバの出番が静かな第二楽章に二度でてくるだけで、他楽章のフォルテシモの盛り上がりでもただ指をくわえて(?)聴いているだけなこと。シンバルも第四楽章の前半で一発だけ登場し、しかも拍子はずれの部分で「弱く」と指定されていること。ドボルザーク氏がチューバとシンバルに「いじわるな」こんな譜面をどうして書いたのかは謎のままである。


(堤 寛)


 


 


 

posted by pathologist at 11:04| Comment(0) | 以前の日記

音楽エッセイ5:管楽器の名手の性格









管楽器の名手の性格


 芥川龍太郎の三男である作曲家、芥川也寸志氏(19251989)いわく、管楽器の性格と吹き手(名手に限る)の性格には相関関係がある。


 フルートの名手は物事を常識的に判断する。突拍子もないことを言い出す人はフルートがうまくならない。そしてフルートの名手はみな白髪だそうな。


 デリケートな楽器であるオーボエの奏者はみな神経質、チンドン屋の吹くクラリネットはユーモリストが多い。すっとぼけた音の出るファゴットはすっとぼけた人がうまい。ホルンは理屈っぽい。ホルンという楽器がF管で、いつも移調して吹いているせいらしい。トランペット吹きは長命だそうだ。


(堤 寛)


 

posted by pathologist at 11:01| Comment(0) | 以前の日記

音楽エッセイ4:日本人の聴く耳









日本人の聴く耳


昭和57116日に開かれた日本医家芸術クラブ主催の座談会における芥川也寸志氏の発言内容を少し紹介させていただこう。


ピアノと尺八を比較してみよう。ピアノの構造はものすごく複雑だが、弾けばだれでも同じような音が出る。一方、尺八は竹を切って穴を5つあけただけの単純な構造なのに、吹くと首振り3年といわれるように非常に複雑な音が出る。ヨーロッパ合理主義は複雑な条件の中から単純な結論をひきだすのに喜びを感じるのに対して、日本人は単純さの中に複雑な味わいを見つけ出そうとする。ヨーロッパの鐘はガランゴロンと鳴るだけだが、日本人の耳は除夜の鐘のボーンという音が消えてなくなるまでの“余韻”をずうっと追いかけてゆく。虫の音を音楽的に受け入れるのが日本人の耳といえそうだ。これは、英語のように子音の発音の多い言語で育った人間と母音の多い日本語で育った人間の頭脳構造の違いを反映しているのかもしれない。日本人はピアノやバイオリンは右脳で聴くのに対して、笙や篳篥などの和楽器は左脳で聴くらしい。芥川氏はこれを「ロゴスとパトスが入り乱れているような脳の構造」と称している。パトス+ロゴス=病理学なので、日本人の脳みそは病理学に向いているだろうか。


(堤 寛)


 

posted by pathologist at 10:56| Comment(0) | 以前の日記